(総集編)浪人生の恋愛を成功させるための7つの方法

浪人生カップルが階段の踊り場でいちゃつく図

どうも、おはこんばんちは、柿Pです。

浪人生なのに恋愛してるけど別れそうで怖い…
浪人生なのに両思いの人ができて付き合いたくて仕方がない…

恋愛して受験失敗するのが怖い…

恋愛をして良いものかと悩める浪人生に、浪人生カップルが長続きする秘訣をお話しします。

浪人生の恋愛の是非についての議論はこちら↓

浪人生が恋愛で成功するために

そもそも恋愛の成功ってなんなんでしょうか。

本来なら、付き合い続けて、結婚まで行くことが成功でそれ以外は失敗なのかもしれませんが、今回は浪人生の恋愛を考えるので、

大学受験で合格し、大学に入ってもすぐに別れない

ということを恋愛の成功と定義します。

大学に入ってすぐ、というのは「サークルに馴染み出す1学期が終わるまで」としたいと思います。

また、この記事でお話しする浪人生の恋愛は、浪人生同士のお付き合いに限定します。

これで浪人生の恋愛の成功を定義できました。

そして、この成功の定義に当てはまる浪人生カップルに2組心当たりがあるので、これを例にして成功の秘訣を考えたいと思います。

浪人生同士以外の恋愛のお話はこちら↓

浪人生が恋愛を成功させるための秘訣7つ

1.お互いに真面目になる

浪人生同士の恋愛の失敗で、よくあったのが片方が恋愛にうつつを抜かし過ぎてしまうということ。

恋は盲目ですし、恋愛にうつつを抜かすことを悪いとは一切思わないのですが、うつつを抜かし過ぎて、勉強ができなくなるというのであれば、それは浪人生としてあってはならないことです。

対策として、真面目さに差があるのであれば、真面目な方に勉強のペースを合わせるということです。真面目じゃない方を釣り上げるということも大切です。

一番問題なのは、真面目じゃない同士のカップルですが…。

真面目じゃない同士であれば、付き合っても付き合わなくてもどっちにせよ受験は失敗するので、恋愛は関係ないですね。そもそも真面目じゃないと、受験に失敗するので、恋愛も失敗です。

勉強のペースを合わせるためには、一緒に予備校に行く時間と帰る時間を決めて、予備校内では勉強するというようにルールづくりをすれば良いと思います。

2.自習室を分ける

自習室に二人で入って隣同士で勉強しているカップルもいましたが、勉強に集中できずに、全然勉強できていませんでした。

恋愛を成功させたカップル2組は共に、基本的に自習室は分けていて、事情があって同じ自習室を使わざるを得ない時でも、お互いに離れた席を選んでいました。

恋人と隣同士で勉強することは青春っぽくて憧れがある人もいるかもしれませんが、浪人生は青春だとかいう前に勉強に集中しなければいけません。

お互いがお互いの足を引っ張らないためにも、自習室はできるだけ分けた方が良いんじゃないかなと思います。

3.教え合う

先ほどお互いに違う自習室を使えとお話ししたばかりですが、これはまた別のお話です。

受験勉強において、意外と効果的な勉強法が教え合うということ。

教えることというのは、その内容について深く理解していないとできることではありません。また、アウトプットの一つでもあるので、自分の知識の定着も図れます。

自習室の中ではもちろん私語厳禁ですが、休憩時間や帰り道などにお互いの疑問を解消し合うということは、受験勉強としても効果的ですし、「一緒に勉強してる!」っていう感じもあるので、青春っぽくて良いと思います。

彼氏視点的な。

割と写真のような雰囲気の女の子も予備校にはいますけど、もちろん制服は着てませんよ。

4.デートは短時間にする

浪人生といえど、恋人がいたらデートしたくなってしまうもの。

恋人が最優先でも、タイムスケジュール的には勉強を最優先にしなければなりません。

そのためにも丸々1日デートに行くということはしない方がいいです。

「1日ぐらいだったら勉強しなくても大丈夫だろ」と思う人もいると思います。僕も1日ぐらい勉強しなくても成績が下がったりすることはないとは思います。しかし、1日デートをするとなると、幸せすぎてまたデートに行きたくなりませんか???
それに1日デートをしても、心の中では浪人生であることが小さな負担になってしまいます。

それだったら、デートは予備校の帰りにスタバに寄るぐらいにしておきましょう。それに、大学受験を乗り越えて初めて1日ゆっくりデートするって最高の1日を過ごせると思いますよ。

5.辛いことを共有する

浪人中だと、ただでさえしんどいんだから、辛いことは共有しない方が相手のためだと思う優しい人もいると思います。

でも、浪人中だからこそ辛いことも共有すべきです。

それに、自分だけが浪人中に辛い思いを抱えていると思いますか?

辛い思いを抱えているのは恋人、引いては浪人生全員がそうです。

恋人だからこそ辛い思いを共有すべきだと思います。心理学的にも「辛い思いを共有した男女は恋愛感情が生まれやすい」ということが証明されています。

辛い思いを共有し、少しでも心を軽くすることで、勉強も恋愛関係もより一層良いコンディションで継続させられるでしょう。

恋愛と勉強の相乗効果を生み出しましょう!

6.リスペクトを忘れない

これは浪人生だから、ということではなく、どんな恋愛にも必要なことだとは思うのですが、浪人生同士の恋愛となると余計に大切です。

そもそも、浪人生は高校生でも大学生でもなく、社会的には決して褒められる立場ではありません。ですので、どうしてもネガティブな傾向にあり、自己嫌悪に陥ってしまうこともあると思います。

だからこそ、恋人同士にリスペクトを示すことが大切です。

自分の好きな人が自分をリスペクトしてくれている、ということが心の支えになるのではないでしょうか。

恋人の成績をみてバカにしたりするような行為は最低です。浪人生じゃなくても最低です。気をつけましょう。

7.しっかり勉強すること

やっぱりこれが一番大事なのかなと。

恋愛は自分が好きな人とすることですから、周りに何も言われなくても勝手にちゃんと向き合えるものだと思います。しかし、勉強は真逆で、できることならやりたくないですよね。

でも絶対に勉強はしないといけなくて、来年こそは合格しないといけないですよね。

「恋人が勉強ばっかりで構ってくれない!」と不満を言うような浪人生はまずいないと思います。

これまで6つの秘訣を紹介しましたが、しっかりと勉強するということが当然のようにできているのであれば、恋愛もきっとうまく行きます。

浪人生は、勉強さえしっかりとできていれば、実は万事うまく行ったりしちゃいます。

精神的プレッシャーは凄まじいですが、しっかりと勉強して成績を出せれば、あとはなんとかなります。恋愛もその一つです。

最後に

いかがだったでしょうか。

浪人生カップルが、受験でも恋愛でも成功をすることを祈願しています。

ご覧いただきありがとうございました、ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました