勉強している時に音楽を聞いてもいいのか?その疑問に終止符を打つ。

ヘッドホンユーザー、意外と少ない説。

どうも、おはこんばんちは、柿Pです。

全受験生が一度は気になったことがあるであろう、

勉強中に音楽を聴いてもいいのか???

という疑問に、この記事で終止符を打ちます。

勉強中に音楽を聴いてもいいのか???

この疑問を考える時に、我々が考えるべきことは

①音楽によって勉強効率はどうなるのか?
②音楽があれば勉強時間は伸びやすいのか?

という2点だと思います。

勉強時間と勉強効率についてはこちら↓の記事をご覧ください。

①音楽を聴くことで、勉強効率は上がるのか?

我々の心の動きを司っているのは、もちろん脳です。

その脳で発生する、脳波の中に、アルファ波というものがあります。

このアルファ波が出ている時、ベータエンドルフィンというホルモンが分泌されており、
このホルモンは、心身のリラックスを促す効果があります。

そのリラックスの結果として、勉強に集中しやすくなります。

そして、ある周波数の音には、人間の脳にアルファ波の発生を促す働きがあるのです

その周波数の音は、自然界の音(川のせせらぎや鳥の鳴き声など)に多く含まれています

いわゆるヒーリングミュージックと呼ばれるものが、勉強にも相性が良いというわけですね。

自然界の音以外でいうと、クラシックやジャズなどの音楽に多く含まれています。

これらのジャンルは歌詞がないので、歌詞を脳内で追ってしまう、なんていうこともないですし、勉強する際にはとても相性が良いかもしれません。

ですが、

クラシックやジャズを好んで聴く学生ってなかなかいないと思うんですよね。

大体はMステに出ているようなアーティストの曲を聴きたいと思います。

ついついリズムを取ってしまったり、歌詞を頭の中で口ずさんでみたり、

正直勉強の邪魔になってしまうかな、と思います。

僕は邦楽も洋楽も聴くのですが、現代文の勉強をしながら、洋楽を聴いていたときは
本当に全く集中できませんでした。笑

効率だけ考えると勉強の間は音楽は聞かない方が無難ですね。

②音楽を聴くことで、勉強時間は伸びるのか?

前提として、毎日「もうこれ以上勉強できない!」っていうぐらい勉強してる人については今回考えないこととします。

「まだ余力はあるけど、しんどいから勉強しない」という人が、音楽と一緒に勉強すれば、勉強時間が伸びるのか?というところを考えます。

正直人に寄るところもあると思うのですが、

基本的に勉強時間は伸びると思います。

単純に考えて、音楽は勉強の苦痛さを紛らわせてくれるかな、と思います。

僕自身、「マジで勉強やる気しねぇなぁ…」っていうときは音楽を聴きながら、
勉強を始めていました。

そして集中し始めたらイヤホンを外して勉強し、また勉強が苦痛になってきたら音楽を聴く、
みたいな勉強もしていました。

しんどいなぁ…ってなった時に音楽でリフレッシュすることで勉強を続けさせるということですね。

そして、音楽を聴きながら勉強を続けられない理由を考えてみたのですが、全く浮かびませんでした。

結論:音楽を聴きながら勉強することは…

柿Pの結論としては、

音楽を聴きながら勉強しても良い

ということにさせていただきます。

しかし、聴く音楽は、歌詞がない方が好ましく、クラシックやジャズが最も良いということですね。

クラシックやジャズを好んでいる人はご自身の好みのものを聴いてもらえたら、と思います。

そうではない受験生は、歌詞のない、インストバンドを聴いてみるのが良いですね!

最後に

いかがだったでしょうか。

受験勉強という機会を活かして、普段聞かないクラシックやジャズを漁ってみても面白いかもしれませんね。

ここまでご覧いただきありがとうございました、ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました