現代文の苦手を克服しよう!京大生の現代文の勉強法とおすすめ参考書3選

万年筆(かっこいい)

どうも、おはこんばんちは、柿Pです。

現代文は読めるのに、
点数が安定しないし、
平均点も取れないよ…
勉強法もわからないし…

といった受験生のお悩みを解決します。

現代文は理系だとほとんど必要ない、

と思いきや
センター国語の配点が高い理系学部も
存在します。(特に京大)

さらに、

センター利用で合格を狙うなら、
国語で高得点を取ることは必須です。

時間を割けない現代文の勉強方法や、
おすすめの参考書をご紹介します!

現代文の苦手を克服する前に

現代文はそもそも差がつかない

結論から言ってしまうと、

現代文は差がつきづらい科目です。

さらに的確に言えば、

平均点前後に他の科目よりも
多くの受験生が集まっている

ということです。

現代文が得意で
平均点を大きく飛び越えている人も少ない分、
平均点を大きく下回る人も少ないのです。

ですから、もし平均点を大きく下回れば、

多くの受験生に
1科目で差をつけられ

ということになります。

現代文は差をつける科目にする
必要はありませんが、

差をつけられる科目ではダメなのです。

評論文と小説について

現代文は
基本的に評論文と小説の出題が多いです。

実際センター試験でも
評論文と小説が1問ずつ出題されます。

しかし、現代文の厄介なところなのですが、

評論文と小説はほぼ別物なので、
片方の勉強で終われないんです。

評論文を勉強すれば、小説も伸びる、
ということがないんです。

ですから、

それぞれの視点を
身につけることが必要になります。

また「どっちが点数伸びやすい?」と聞かれたら

ほとんどの人が
評論文の方が点数が伸びやすいと答えます。
実際僕もそうだと思います。

なので、

先に評論文で点数を取れるようになってから、
小説の勉強に入りましょう!

評論文のポイント

先ほど、

「評論文の方が点数が伸びる」と書きましたが、

その理由は、

論理的思考と読み方で大概解ける

からです。

そもそも評論文とは、

筆者が自分の主張を
通すために書く文章

なんです。

ですから、

文章を読んで、筆者の主張を読み取ります。

そして、

筆者がその主張を支持する理由や、
反対意見、反対意見に対する返答などが
含まれています。

この辺りの論理関係を明らかにできれば、
評論文はほぼ点数を取れます。

現代文が苦手な人はまず、

筆者の主張がなんなのか?
筆者がそれを主張する理由は?
反対意見に対する返答は?

ということを意識してみましょう!

小説のポイント

小説は、

主人公がいて、その友人がいて、
そして何か事件が起こって、
事件を通して変化して…

といったように、

起承転結の元に書かれている

ことがほとんどです。

なので、

まずは起承転結の内容を把握しましょう。

しかし、

これだけではそこまで点数に繋がりません。

さらにここで

小説のテーマはなんなのか?

ということを考えます。

ここで、

アツいバトル系の漫画を想像してください。
仲間との友情が描かれることが多いですよね。

だから、

テーマとしては友情が当てはまります。
(もちろん他にもありますが)

同じように小説も考えることができます。

テーマとして、

友情、少年少女の成長、家族の愛

などがよく出ますね!

現代文の勉強方法とおすすめの参考書3選

基本的な勉強方法が一番!(注意あり)

注意!この勉強方法は、
苦手を克服する勉強法であって、
より得意にする勉強法ではないので、

お気をつけください!

僕がおすすめする勉強方法ですが、

問題を解く→解説を読み込む

という基本的なものになります。

現代文が苦手な人は、

まず

「ちゃんと問題文を理解して読めているのか?」
ということを知らないといけません。

そのためにも、

正しい理解とその読み取り方を
解説から学ばなければいけません。

解説を読めば、

現代文も感覚などではなく、
論理的に考えれば、
答えが書けることがわかります。

論理的思考を身につけるための参考書として、
現代文講義の実況中継シリーズ
がおすすめです!

こちらはセンター試験用。

こちらがシリーズの1冊目。

こちらが2冊目。

とりあえず、

1冊目を買っておけば間違いないです。

1冊目でも物足りないと思ったら2冊目、
センターを意識するなら
センター試験用を追加で買うと良いかと思います。

僕は1冊目だけを買って、
かなり現代文が安定するようになりました。

語彙が足りないと思ったら

先ほど紹介していた勉強方法をしていて、

もしかして
語彙力が足りてない…?

と思ったら、

こちらの現代文キーワード読解がオススメ。

現代文を読み解くために
必要な語彙がこれで揃います。

しかも、

実際に中身を見てもらえればわかるのですが、
キーワードとともに、

そのキーワードを使った文章が載っていて、
その要約も載っているんです。

だからこれ一冊で、
読解力や要約力の練習もできるんです!

紹介する3冊の中でも

これがダントツで
僕のオススメです!

論理的な解き方と知識が身についているかチャレンジ!

最後にしっかり現代文を勉強した後の

仕上げとして使える問題集を紹介します。

こちらが基本編です↑

そしてこちらが発展編になります。

完成編というのもあるのですが、
レベルが東大・京大・早慶レベルなので、
発展編までできれば十分だと思います!

この問題集の特徴として、

・本文解説+設問解説の構成
・読解と解法のポイントが掲載
・本文に関するキーワードも掲載

ということ。

先ほど紹介した実況解説と
キーワード読解の特性を受け継いでいます。

なので、

実況解説やキーワード読解と相性が良い

と言えます。

最後の総仕上げにぴったりですね!

現代文の参考書を買うべき理由とは?

高校の教科書だけでは得点に繋がらない

数学や理科、英語は、
高校の教科書に書いているものが
しっかりと基礎部分になっていて、

教科書をマスターすれば、
ある程度基礎ができるようになっています。

しかし、

現代文の教科書は
まともに問題も載っていないですし、
もちろん解説もありません。

ですから、

教科書をいくら勉強しても
得点につながりません。

得点につなげる勉強をするためには、
現代文は参考書が必須です。

読解力・言語的思考が身につく

現代文の勉強で
読解力や言語的思考が身につくと、
特に英語の長文は得点が伸びます。

なぜなら、

英語の長文に必要な読解力は、
現代文で要求されるよりも簡単だからです。

つまり、

現代文で点数を取る勉強をしておけば、
勝手に英語で必要な読解力が身につく

ということなんです。

当然英語を日本語で解釈する力は必要ですが、
その後の心配がいらなくなります。

さらに、

英語長文も現代文も、
扱うテーマが似通っているものがあります。

英語長文を読むときに、

「似たようなやつ現代文で読んだ!」

となるだけでも
スムーズに読むことができるようになります。

現代文が苦手な人がまずできること

とりあえず、

現代文講義の実況解説を買って、
隅から隅まで読み込みましょう!

語彙力が足りないと思えば、
現代文のキーワード読解を、

語彙力は大丈夫!と思ったら、
入試現代文へのアクセス基礎編or発展編
をやり込みましょう!

参考書を進める上で、

文章から自分で理解を作り、
解説の理解と比べながら

論理を身につけていく

ということを意識してもらえたらと思います!

最後に

いかがだったでしょうか。

これだけやれば
必ず現代文が安定して
平均を超えるようになります。

かなり時間がかかりますが、
頑張ってくださいね!

ここまでご覧いただき
ありがとうございました、ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました